トップ

駐車場で起きる問題

駐車場における問題と対策

駐車場での違法駐車対策 

駐車場での違法駐車は、その相手からだけでなく、そこに停められるはずの正規の顧客が利用できなくなり、料金を正常に徴収できなくなるという極めて頭の痛い問題です。悪質な例では、ロック板のはるか手前に駐車するという方法も存在します。こうした車両が目につくと、正規の利用者は駐車場内の安全性に不安を感じ、敬遠されてしまう可能性があります。したがって、違法駐車対策は必須の問題と言えます。しかし、よく見かける「発見次第特別料金を徴収します」などの貼り紙は法的効力があるわけでなく、相手によってはトラブルの種となるだけということもあります。堅実な方法としては、監視カメラの設置と警察への通報ということになるでしょう。

迷惑な違法駐車の問題 

現代は、自動車社会となり一家に一台以上の自動車がある状態になっています。それとともに問題になっているのが駐車場の問題です。自宅に止めるスペースがなければ月極などと契約をして違法にならないなどの措置をすることが当たり前です。それでも、中には自宅の前の公道に止める人もまだ多くいるのが現状で、それが問題になっています。公道上であれば、警察官による取り締まりの対象になってしまいます。駐車違反の違反金は一万円以上するために、民間の駐車場をりようするケースが多いでしょう。住宅街などでは警察官の取り締まりは手薄になっていることも多いので違法駐車が後を絶ちません。また、私道の場合には取り締まりの対象にならない現状もあります。

夕日にあこがれて